プロフィール

Chiaki(伊澤千昌)

Author:Chiaki(伊澤千昌)
仙台市在中

こんにちは^^
羊毛フェルト工房Happyの
製作者Chiakiのブログへ
ようこそ。。
(ご訪問ありがとうございます^-^)



羊毛で・・
心があったかくなりますように。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショップは

banner


または
minneのお店 happyfelt
minneミンネのお店


メールフォームまでどうぞ。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホームページはこちら
banner

リアルのようだけど
リアルじゃない
見ていると
思わず笑みがこぼれてしまう。。

そんな羊毛ぬいぐるみを
作らせていただきます。。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
FC2カウンター
うーらんどーるさん
うさぎさんのオーダーを 受け付けてくださっています^^
banner
ネコのお洋服やさん
banner
QRコード
QR
フリーエリア

東日本大震災から5年。。。。。

今日で
大震災から5年。

あの日もちょうど金曜日でした。。

5年という月日は短いようで・・・長いようで・・・。
あの時、どんな行動をして、どんなことを思ったのか、
自分のブログ記事を読みながら思い返していました。

****************

以下、2011年3月のブログです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2011年3月11日(金)14:46
今回の大地震が発生した時間です。

3月9日の日にもM7.4の地震があったばかりで,
余震も時々あったため
心の中では,ほんの少し警戒してしていました。
大きな地震がくるかもしれないと・・・。
1978年の宮城県沖地震も経験している私は
ある程度の揺れに対する覚悟と,身構えはできているつもりでした。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

違いました。。。
揺れのレベルが違う。。

家の中にいて娘の帰りを待ちながら
制作をしようとしていた私は
がくっとおちるような衝撃から始まった揺れから身をまもるべく
テーブルの下に逃げました。。

30秒ほどして
収まるかと思われた揺れは
どんどんひどくなる。。立つこともできない。。揺れる・・揺れる・・・。

経験したことのない大きな横揺れ。

心の中で「おばあちゃん・・助けて・・揺れをとめて・・」と
何回叫んだかわかりません。

頭をクッションで保護し
たとえマンションが崩れても
テーブルを離さないでいよう・・。力が入りました。

鍵を閉めていたはずの窓が開き
ルームライトが倒れ,割れ,
中扉のガラスが,飛んできて割れ
飾ってあったガラス・・食器戸棚の中身が飛び出してくる。。。


今,現実に起こっている事と
頭の中がリンクしないまま
母に連絡。
電話はすでに通じなくなっており・・いかなくちゃ!

娘は学校で非難してくれている。。だから大丈夫。。。


非常用にと用意していた袋をもち実家へ。。

ところどころ地割れし,崩れた塀や,建物を横目に
自転車を必死になって走らせました。



バラバラになった食器棚のなかから,母の「大丈夫だよ」という声が聞こえたときは
心からホッとして。。。。

家の中は,どこに,何があったのかわからなくなるほどばらばらの状態。
(一週間かけてなんとか,住めるように戻しました)
でも,命の無事を確認したので
今度は,娘を迎えに小学校へ!

はんべそかいていましたが,元気そうでほっ。。


余震が続く中
みんなでいたほうが心強いので
実家に行き,車に非難していました。

信じられないような
大粒の雪が横殴りに降ってくる中
状況を確認しようにも
何もない。。ラジオから断片的に聞こえてくる情報から
ものすごい災害が(広範囲で)起きたことをしり
血の気が引くのを感じました。

その夜は・・・
見たこともないような満天の星空のもと
車の中で買い置きしてあったものを食べ
余震に震えながら過ごし。。。


恐ろしい惨状を知ったのは
地震翌日に届いた新聞紙面からでした。


うそであって欲しい。。

今起きていることは・・ほんとうなの?


刻々と入ってくるニュースに
言葉を失うしかありませんでした。

                     (以上当時のブログより)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

5年たった今も・・・
こんなことを言っていいのか分かりませんが、
当時の映像を見たくはありません。
いえ・・見ることのできない自分がいます。

・・・・。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今は完全に普通を取り戻しています。
泣いたり、笑ったり、怒ったり 走ったり?!、、、、、。
「日常」というものがどんなに有り難いものか・・・
再認識する日にしたいと思っています。

そして、
このブログを読んでくださっている皆様、、
心から感謝いたします。


160311_135517.jpg

今日は寒い日ですが
青空を見ることも出来ました。。




最後になりましたが
震災(関連も)で亡くなられたみなさまに
心からご冥福をお祈りいたします。

一日もはやく、
日常が戻りますように。。。











震災から3年。

震災から3年。

1日も早い東北の復興を。
1日も早く穏やかな生活を。
1日でも長く当たり前が続くことを。

祈ります。


********************


いまだに
自分には何ができるのか・・
何が出来たのか
わかりません。

被災地にいながら
被災の軽かった方の私にとって
苦しい気持ちさえあります。

でも・・
出来ることをするしかない。

毎日を一生懸命生きる。

丁寧に生きる。

そういうことしかないのかもしれません。


震災の時
多くの方にいただいた言葉に・・
心が救われました


この場をお借りしまして
改めて感謝申し上げます。


心を込めて

感謝。。。。




東日本大震災から2年。。

2013年3月11日。。。

東日本大震災発生から2年が経ちました。


これは
昨日の朝日新聞写真記事です。

2013310朝日新聞1

その中には
従兄の時計も。。。。


2013310朝日新聞2



**************************


震災関連の記事を目にするたび,
映像を見るたび,

様々な思いが交錯し
上手く言葉が見つからないのですが・・・


「いつも通り」
「あたりまえ」

ということが
いかに貴重で大切であるかということを,
再認識する日にしたいと,

静かに思っております。。。





黙祷。













震災から1年半がたちました。

あの震災から
1年半がたちました。

仙台の街はすでに
そのような大きな災害が
あったとは思えないほどの
賑わいを見せています。

でも時々
心が締め付けられそうになるくらい
恐怖を感じたり,
まだまだ続く自分の家の修繕風景に
疲れを感じたり・・・。


近頃,思うのです。

大切な人を守る。ということは
大切な人のために
どこにいても生き抜くことだと。。

震災が昼間起きた場合,
家族はみな必ずといっていいほど
ばらばらです。

どうすることも
できません。

だから,それぞれが命を守るのです。
生き抜くのです。

それが
「大切な人を守る」ということなのではと・・・。。



地震大国日本。


震災から一年半を迎える今日,
お互いの身の守り方,
エネルギーのあり方,

色んなことを
静かに考えてみたいですね。。。。



P9110019くも6







がんばっぺ女川。。

今回は・・・
ほんの少し宣伝をさせてください^-^

「がんばっぺ女川」

がんばっぺ女川2

このラベルのお酒は
女川「きぼうの鐘商店街」にオープンした
㈱山大商店さんで販売されているものです。

がんばっぺ女川1

今回の震災で女川の
従兄が行方不明となりました。

すべて
流されてしまいました。

でも・・
今度は従兄の奥さまが店主となり
お店を再開することに。。。


店主自らが元気になりたい!
そして
女川の町にも元気になって欲しいという
思いからうまれた
「がんばっぺ女川」シリーズ。。

味良し,見た目良し^^

㈱山大商店
  ↑
HPから注文もできるそうです^-^



私も
微力ですが応援させていただきたいと
思っています。。。




犬猫救済
制作日記
ブログ内検索
CalendArchive
月別アーカイブ
CM
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player